勉強会メモ

ここでは、「勉強会メモ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4回専門薬剤師育成委員会講習会
「抗菌薬の適正使用と薬剤師に期待すること」
大阪厚生年金病院 藤田芳正先生

内容は、ここに出ているものと同じような感じ
http://www.kipn.net/21-2-1.pdf

ICTの一員として今後の薬剤師に期待するもの
・ICTの中心メンバーの一人として、感染症治療について担当医への助言、アドバイスをおこなう
・抗MRSA薬
・感染部位・起因菌が判明したとき、最も殺菌性が高く、かつ臓器移行性がいい薬のアドバイスができる
・腎障害・肝傷害があるときの投与薬剤の種類や薬剤投与量・間隔について助言指導
・抗菌薬投与時の副作用についてタイムリーな情報提供
・薬剤の相互作用に関する情報提供
・抗菌薬の適正な使用量、投与間隔、投与時間についての助言・指導(添付文書によらない)
・サンフォードガイド(熱病)などについての正確な知識を持っている


++ 終了試験 ++

1.50歳男性、特に基礎疾患の無い患者が市中肺炎で入院した。成人市中肺炎の起因菌として頻度の高いものを2つ選択してください。
ア)黄色ブドウ球菌 イ)マイコプラズマ ウ)緑膿菌 エ)肺炎球菌 オ)大腸菌

A.イとエ


2.市中肺炎で重症化しやすい菌は?(2つ)
ア)インフルエンザ菌 イ)クラミジア ウ)肺炎球菌 エ)レジオネラ オ)モラクセラ・カタラリス

A.ウとエ (レジオネラ尿中抗原は感染が治っても2-3週間持続する)


3.市中肺炎で入院した患者に対し、起因菌が判明する前に経験的に(Empiricに)使用するのがふさわしい抗菌薬は?
ア)MEPM イ)SBT/ABPC ウ)LVFX エ)CTRX+AZM オ)CAZ+GM

A.エ

4.グラム染色で肺炎球菌性肺炎と判明した時、抗菌薬はどのように変更しますか?
ア)上記の薬が有効ならそのまま続行 イ)ABPCへ変更 ウ)CAMに変更 エ)CTRXへ変更 オ)LVFXに変更

A.イ (MIC2の株には2g×4使用しないときつい) ‥PRSP対策にはCTRXのままでもいいような気がする。


5.肺炎の早期の治療効果はなにで判断するのが適切?
ア)WBC イ)CRP ウ)熱型 エ)呼吸回数 オ)胸部X線の陰影

A.ウとエ


6.DMの80歳女性 40kg、Scr 1.0mg/dL が尿路感染で入院。eGFRはどれくらい?
ア)80mL/min イ)60mL/min ウ)50mL/min エ)40mL/min オ)30mL/min

A.エ (体重を勘案しない)

7.Cockroftの式を用いるとGFRはどのくらいですか?
ア)80mL/min イ)60mL/min ウ)50mL/min エ)40mL/min オ)30mL/min

A.オ

7.上記患者にGMを使用するとき、初日の投与量はどのように使用しますか?
ア)120mg×1回/日 イ)80mg×1回/日 ウ)40mg×1回/日 エ)40mg×2回/日 オ)40mg×3回/日

A.ア

8.この患者の尿培養から大腸菌が検出された。抗菌薬はどうしますか?
ア)CEZに変更 イ)FMOXへ変更 ウ)ABPCに変更 エ)LVFXへ変更 オ)CTRXに変更

A.イ (ウかと思ったが、ESBL対策にと)


9.70歳以上の高齢者で最も敗血症になりやすいのは?
ア)肺炎 イ)尿路感染 ウ)胆道感染症 エ)皮膚軟部組織感染症 オ)感染性心内膜炎

A.イ (Urosepsis)

10.抗癌剤使用中に起こる好中球減少時発熱(FN)で最も死亡の頻度が高い菌は?
ア)大腸菌 イ)真菌 ウ)黄色ブドウ球菌 エ)緑膿菌 オ)肺炎球菌

A.エ

11.入退院を繰り返している患者に発生したFNの時に推奨される抗菌薬は?
ア)CPFX イ)MEPM ウ)CFPM エ)VCM+MEPM オ)それ以外

A.エ


12.脳梗塞患者が入院15日目に発症した誤嚥性肺炎(90歳男性)で考えるべき起因菌は?
ア)黄色ブドウ球菌(MRSA) イ)嫌気性菌 ウ)インフルエンザ菌 エ)緑膿菌 オ)肺炎球菌

A.イ (次にエ、さらにアも)


13.この症例でempiricにまず選択すべき抗菌薬は?
ア)CAZ イ)MEPM ウ)SBT/ABPC エ)CPFX

A.イ (ウかと思ったけど、緑膿菌を考慮とのこと)


14.糖尿病性壊疽で入院した患者、踵部に深い潰瘍を形成し悪臭を伴っていた。入院時39度の高熱で血圧80台、抗菌薬未使用、このとき考えるべき起因菌は?
ア)大腸菌 イ)連鎖球菌 ウ)黄色ブドウ球菌 エ)真菌 オ)嫌気性菌

A.イとウ (オもかなぁと思ったけど)


15.この時デブリードマンと共にempiricに選択すべき抗菌薬は?(本来はグラム染色を見て判断する)
ア)SBT/ABPC イ)CAZ ウ)CLDM エ)CPFX オ)VCM

A.アとウ (連鎖球菌による壊死性菌膜炎の場合、CLDMは毒素抑制のため使用)

16.胃癌で1ヶ月CVカテーテルを留置されている患者が突然40度の発熱を生じた。カテーテル感染を疑い、カテーテルを抜去した。この時起因菌はどのようなものを考える?
ア)大腸菌 イ)CNS ウ)MRSA エ)真菌 オ)嫌気性菌

A.イとエ (オ以外、全部可能性はあると思うけど)

17.カテーテル抜去とともに抗菌薬を使用するなら何を開始する?
ア)MEPM イ)VCM ウ)F-FLCZ エ)CEZ オ)SBT/ABPC

A.イとウ

18.SBT/ABPCで加療中の肺炎患者が激しい下痢を生じた。CD抗原(+)であった。どのように対処するのが望ましい?
ア)抗菌薬を中止する イ)VCMを点滴する ウ)整腸剤を処方する エ)MNZ錠を内服する オ)VCM散を内服する

A.まずア、ついでウ、さらにエ 


19.鶏の生肉を食べて2日後激しい下痢・血便を生じた。グラム染色でらせん状のグラム陰性桿菌をみとめた。適正な抗菌薬は?
ア)CAM イ)LVFX ウ)FMOX エ)ABPC オ)FOM

A.イ (Campylobacter:CAMは使用しない、EMならOK)
スポンサーサイト
[タグ検索(本サイト内)] 勉強会メモ 感染症_勉強会メモ

関連タグ : 勉強会メモ, 感染症_勉強会メモ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://izuziblo.blog45.fc2.com/tb.php/10-5b6983cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。