◎間違い、思い込み、知識不足等、色々不備があると思うので、ご指導・ご指摘よろしく◎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラビット錠500mg 新発売記念講演会
ホテル阪急インターナショナル
全国で販売促進活動を行っていたようだ。
病院薬剤師向け(薬局向けは日にちも会場も異なってた)

クラビット500mg情報提供
耐性菌を予防する。
従来の用法では、増殖を抑えるだけで、耐性菌を選択してしまっていた?
(後から思えば、MSW(Mutant Selection Window)の考え方だったんだろな)
実際の細菌が抗菌薬に曝露されて、また再増殖するMovieも公開していた。

「PKPD理論の実際」
(講師の方の名前は失念)

市中肺炎のガイドライン

CURB65 criteria
C confusion
U uremia
R respiratory rate
B low blood pressure
65 age65 yeas or greater

Pneumonia Severity Index(PSI)

Empirical→経験を積んだDrが、経験的に処方する
A.Respiratory quinolone:moxi, gemiflo, levo750mg
B.Beta-luctum plus macrolide

マイコプラズマ 2週間

日本では,A-DROP( 日本呼吸器学会)
Age
Dehydration
Respiration
Orientation
blood Pressure

PK/PD理論
Craig,WA, CID, 26, 1-12, 1998
87年くらいから書いている

MICは目視で確認している。

PIPC 10時16時投与だと 17時間くらい間隔があいてしまう。

1回投与量↑のほうがAUC↑
(上底+下底)×高さ(Cmax)/2
100mg投与 Cmax3 hr3 Del3 とすると
100 3回投与 (1+4)×3/2 ×3回=22.5
150 2回投与 (1.5+6)×4.5/2 ×2回=33.75
300 1回投与 (3+12)×9/2 ×1回=67.5
(このへんメモ不正確にて曖昧)

キノロン→AUC/MIC
肺炎球菌 死亡率8%
タリビッド(オフロキサシン)神経障害 目がさえる
(s)-(-)-異性体が抗菌活性の主要な部分(副作用も減る)→単独抽出でLVFX

VCM・TEIC AUC/MIC 諸説あり
マクロライドも諸説あり
キノロン p.o. バイオアベラビリティ→Mg併用など

risk under treatment

質問:注射の持続注は‥? あまり勧められない。体温で分解してしまうかも?。溶解後の製剤の安定性。
ファンギソン→24時間→今はアンビゾール(2時間くらい?)
スポンサーサイト
[タグ検索(本サイト内)] 勉強会メモ 感染症_勉強会メモ

関連タグ : 勉強会メモ, 感染症_勉強会メモ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。